同意書

事故防止のために

多くのレクリエーション・スポーツと同様に、トランポリンもケガをする可能性があります。

下記は、よくあるトランポリン事故の原因です。

宙返り

頭部や首で着地すると、マットの中央に着地したとしても、重傷や全身麻痺を負う場合や、死亡事故につながる可能性があります。

トランポリンの上で複数でジャンプ

同時に複数の人がジャンプすると、大けがをする可能性があります。

フレーム部分にぶつかる

ジャンプするときはトランポリンの中央でジャンプするようにしてください。コントロールを失い、フレーム部分にぶつかると、ケガをする可能性があります。また、安全パッドへのジャンプはしないで下さい。

トランポリンからデッキエリアやプラットホームエリアに飛び移る

トランポリンからのこうした間違った移動方法は、足首を骨折したり、他のケガにつながります。

トランポリンからは歩いて、デッキエリアに移動しましょう。

飲酒や薬の服用

飲酒や薬の服用は、身体の調整能力を低下させるので、コントロールを失い、ケガのリスクが非常に高まります。

自分のスキル以上のことをやる

自分の持つスキル以上のことを試すと、重傷や全身麻痺を負う場合や、死亡事故につながる可能性があります。

安全パッドへのいたずら

安全パッドは、ひっくり返しにしたり、裏返したり、いたずらしないで下さい。

異物を持ち込む

異物を持ってジャンプすると、ケガをする危険性が高まります。異物には、カギ、携帯電話、カメラなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

危険なワザ

宙返りや他のワザは危険です。ケガを回避できるだけの充分なスキルがある場合にのみ、自己責任で行って下さい。

注意を怠らない

常に注意して、まわりの人に配慮しましょう。体の大きさが近い人とジャンプしましょう。

のぼらない

カベやネットにのぼらないで下さい。また、バスケットボール器具に触らないで下さい。


FACEBOOK
フォローインスタグラム @
TWITTER